ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

私が今までUber eatsを一度も使っていない理由

ここ数日、SNSでUber eatsの話がちらほら見られるようになってきた。

note.mu

上記はウーバーイーツの配送でのトラブルだ。配送されずに勝手にキャンセルになったり、配送したときにお寿司がめちゃくちゃになっていたり、さらにはぐちゃぐちゃの商品を受取拒否したら、マンションの共用部にポイ捨てするなどのトラブルが起こっているそうだ。

www3.nhk.or.jp

上記はウーバーイーツの配達員の労働条件をもっと良くしてくれ、という団体交渉をするための労組を結成したそうだ。個人事業主の集まりで労組というのもまた珍しい。

デリバリー

使わない理由はUber eatsの良さがよくわからない

私は今までUber eatsのウェブサイトに何度かアクセスしたが、実際に注文したことはない。なぜなら良さが全くわからなかったからだ。実際、注文している人は何らかのメリットを感じているのだろうが、私にはわからなかった。

例えば私が住んでいるところや仕事をしている先は、近くに薬局・スーパー・コンビニがある。さらにランチができる喫茶店や居酒屋、チェーン店などもある。そこに足を運べば食べたいものが食べられるので、あえてUber eatsで注文し、配達を待つ理由がない。

珍しい個店の場合はまだいい。大阪だとスパイスカレーが流行っているので、有名店のスパイスカレーをデリバリーしてほしいという要望はわかるし、そこに何百円も上乗せして払うっていう人がいてもおかしくはない。しかしチェーン店の場合はどうなのか?吉野家やマクドナルドにデリバリー料金を上乗せしてまで注文している。

近くにないからなのか、はたまたどうしても外に出たくないのか。このあたりは価値観の違いなのだろうか。

芸能人が使うというのはよくわかる

ラジオでナイナイの岡村さんが使っているという話を聞いたが、それはよく分かる。芸能人だと外で食事をするのも大変なのだろう。だからウーバーイーツを使って、有名店の食事を取る。お金も持っているから、そんなに配送料の上乗せも気にならないのだろう。

そもそもがウーバーイーツは都心でのサービスなのだろう。最初にサービスを始めたときも、私が住んでいるところはサービス対象外だったから。最初から人口密集している都心部、配送の上乗せ費用を支払ってもいいというアッパーミドル層へのサービスなのだろう。

となると、やはり私が理解できないのは郊外にずーっと住んでいる人間だからなのかもしれないなぁ…