ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

低スペックのPCが支給されるのは、エンジニアの効率が売上に関係しないから

 スペックの低いPCを割り当てるとエンジニアが逃げる、というのはまぁ開発環境・働く環境が悪ければ逃げるのは当然のこと。なので、非エンジニアの人がパソコンのスペックを気にせず、安いものやエントリーモデルのようなものを買ってしまって、話が通じないみたいなこと、確かにあるだろうなぁと思う。

ただ、パソコンのスペックが高いものを買う理由ってなんなの?いや、開発効率が上がるっていうのはわかるんだよ。でもね、開発効率が上がることで売上が上がるの?コストが下がるの?っていうところが経営側からすれば重要だ。

f:id:outroad:20181201084639j:plain

8時間→6時間でも給与は変わらない

例えばだけど、スペックの低いPCを使うことで8時間開発にかかっていたとしよう。それがSSDやメモリを8GB・16GBにするという2万円くらいのコストで、6時間に短縮できるとする。エンジニアからしたらありがたい話だ。

ただ、経営側からしたら、全然投資しようと思わないだろう。なぜなら8時間で生み出す成果を6時間で生み出したところで、8時間分の人件費を払わないといけないからだ。もちろんさらに2時間分、他の仕事を前倒しできるならプラスだが必ずしも仕事が毎回降ってくるわけではないだろう。

SIerは特にそうだが請負や派遣など、固定給+残業代で支払っている。残業がひどく、それがPCのスペックのせいなら買い替えも検討されるだろうが、残業がそれほどでもなく、固定給の中で勉強する時間も確保できているのであれば、経営側としてさらに良いスペックのPCを買う理由はない。

開発環境の良さがエンジニアの開発効率やストレスフリーには直結しているが、売上増やコスト減に直結していないのではないかろうか。そもそもだが、低スペックPCに対して文句を言っている方々はスペックの高いPCにしたらどうなるというのか?単に自分がイライラしない環境で働きたいだけで、会社に対してより貢献したいからというわけではなかろう。

そういう部分が見えないように、上司に掛け合う必要がある。ちゃんと会社のためになるんだよ~というように。

GAFAが高スペックPCを用意できるのは当たり前

kumagi.hatenablog.com

こちらのブログではNTT研究所からGoogleに移った、非常に優秀な方だが、Googleが良いスペックのPCを与えるのは当然だし、NTT研究所があまりスペックを気にしないのも当然とも言える。

GAFAすべてに言えることだが、開発環境がよく開発効率が上がればそれは自社の売上・利益に直結する。検索エンジンの能力が向上すれば、AdWordsの出稿も増えるだろう。Facebookのタイムライン開発が早くなれば、Facebook広告やFacebookの個人属性を販売などが早く、前倒しで売上につながる。

一方のNTT研究所は裁量労働制だったそうだ。ということは、いくら働かせても同じだし、たとえスペックの良いPCを与えて開発効率が上がったとしても、支払う人件費は変わらない。支払う人件費は変わらないのにPCのコストだけ上がるのであれば、意味がない。ましてや研究がメインの部署では、売上に直結しないので難しいといえるだろう。

この転職された方は正解だし、NTT研究所も別に間違ったことをしているわけではない。そしてNTT研究所から転職された方は優秀だろうから、Google検索エンジン改良をハイスペックPCで行い、よりGoogleに貢献することができるだろう。

中小・零細企業の考え方が蔓延している

とまぁ否定的なことを書いてきているのだが、実際この考え方というのは中小企業や零細企業のおっちゃんの考え方だ。PL脳と言ってもいいが、売上につながれば何やってもいいし、売上が上がるならどんなことでもする。ただ、売上につながらないならやらないという極々単純な考えなのだ。

これを大企業、ましてや日本で一番のNTTが中小企業や零細企業と同じように考えているとすれば、ため息しかでない。規模が小さい企業は私の会社も含めて必死だ。1ヶ月資金が入らないだけで死んでしまうところもある。しかしNTTはそうではない、国も資金援助してくれるほど大きなところだ。

であれば、もっと大所高所から語るべき企業であるべきだろう。GAFAはまさに大所高所から語り、そしてPCのスペックや働く人の環境を改善することで、自社の利益も改善するというスキームを作り出した。日本のトップ企業であるNTTがそれができないのであれば、日本はもう終わりだろう。

AbemaTVで藤田さんがZOZOの田端さんに対して「稼いでいるんだから給料上げましょうよ」と言っていたが、同じようなことが言える。稼いでいる、規模が大きいのだからもっと大所高所から見て経営しましょうよ、と。コストパフォーマンスを言うのは中小企業で十分だ。