ナイスミドルになりたい~松本孝行のブログ~

教育とか雇用とかの社会問題、後は趣味のマンガを中心にしたテーマで書いてます。アゴラや自社サイトにかけないだろうなーっていう話題がメインです。

【映画】グレイテストショーマン これぞ「人生」だ

www.foxmovies-jp.com

久しぶりに泣ける映画に出会った。泣けると言っても、日本映画でよくある恋人が病気になってしまい、それでも愛を貫き通すというような映画ではない。人によっては「なんで泣けるの!?」と思うかも知れないが、私は号泣した。

ある興行師のお話で、仕立て屋の息子に生まれた貧乏な主人公は成長してサーカスで大成功を納める。ただ大成功の裏には波乱万丈の人生があった…そして最後の悲劇に彼はどう立ち向かうか?というような感じだろう。

仲間を愛せ・人生にチャレンジせよ

貧乏だった少年時代、好きになった女性と結婚するという愛を貫き通すことが重要である。サーカスで大成功を収めたのも自分の人生にチャレンジしたからであり、チャレンジすることの重要性を説いてくれる。そして周りからは迫害されるような人たちに生きる居場所を与えたこと、これも大事なことである。

愛を貫く、人生に挑戦する、誰かの役に立つ…そう、すべてこれはビジネスマンとして必要なことなのだ。もちろん新しいことにチャレンジすることは誰かから批判されることもある。うまく行かなくなってプライベートが揺らぐことだってある。でもそれも全て人生なのだ。

ある種この映画に泣ける人というのは自分自身と重ね合わせる事ができる人ではないかと思う。私も自営業をやって様々なチャレンジをした。主人公のバーナムほどではないにせよ借金を背負ってリスクを持ってやったことも多い。そして今後もそのようなチャレンジは続けていく予定だ。

この映画で泣いてほしいというわけではない。でも彼の残してきたもの、チャレンジする精神や大切な人・家族・仲間を守るということは我々の世代でも通用するし、将来世代にも残していきたいことだ。人生訓としてこの映画を子供に見せるのはいいかもしれない。

ちなみにバーナムの子供がバレエにチャレンジするシーンがあるが、彼のチャレンジ精神は子供にもちゃんと伝わっていたのだろう。